2007.10.10

1010

疲労とは

安堵感

苛立ちの

バロメーター

2本の線が

交差する

真上の

自由空間

キャンパスは

赤黒く

筆を持ち

中心から

色を広げていく

白は

黒を覆い

赤が

ただれていく

本当は

ずっと

この日を

待っていたのかも

しれない

秋は

春めいて

冬の

終わりと

始まりを

混乱させる

だから

君に上着を

掛けてあげよう

冷たい手を

握ってあげよう

きっと

俺の方が

冷たくて

きっと

暖かく

錯覚するよ

微笑みが

ひきつるなら

何も

話さなくて

良いからね

真下も

自由空間